妊娠をしたら生活を見直そう

妊娠というのは望んでいた夫婦にとっては非常に嬉しいイベントです。しかしその分赤ちゃんが生まれるまでの過程では大変なことも待ち受けています。

妊娠がわかった後は、少し生活の在り方を見つめ直しましょう。

体の中に1人の生命を宿すということは、体調にも大きな変化を与えます。

生活スタイルもそれに合わせて変えなければなりません。

3つの約束で安全な出産を

◎家事はパートナーとシェア

つわりがひどくなってくると、家事はとても大変になります。

妊娠初期になるべく身の回りはきれいに片づけておいて、掃除や外出の回数も減らせるように努力しましょう。

洗濯など、どうしても必要なことはパートナーと一緒に取り組んで負担を減らしてください。

また、食事なども臭いなどが気になり悪阻の時はつくれなくなる女性も非常に多いです。

家事が得意な男性であれば自分で食事の用意をするなど配慮してあげるようにしましょう。

こちらでも記事になっています→「結婚」や「家事分担」に関する男女の意識の違い

◎うまくストレスを発散する

精神的なストレスは、赤ん坊にも大きな影響を与えます。

気分が落ち込んだり、ワケもなくイライラしたりしたときには、友人や両親に悩みを打ち明けてみましょう。

マタニティブルーという言葉もあるほど情緒不安定になる妊婦の方もいらっしゃいます。

旦那と気分転換に景色がいい場所を散歩するのも良い解決方法です。

ただし、運動は安定期に入るまで控えてくださいね。

◎ペットとの付き合い方を考える

お家でペットを飼っている場合、妊娠中は面倒を見るのもかなり大変になります。

もちろん手放す必要はありませんが、衛生的にも問題があるので、過度に触りすぎるなどすると危険です。とくに、感染しやすいウイルスを持つ排泄物の処理には気を付けましょう。

ペットのトイレ掃除などはよく注意してください。

妊娠後はがらっと世界が変わります。それに対応できる準備を進めておいてくださいね。

◎食生活を見直す

妊婦にとって食生活は非常に大事です。

とくにこの妊娠時期にどんな食生活を送るかで中にいる赤ちゃんにも大きな影響がでてきます。

お酒やたばこは絶対NG。お刺身や生ハムなどの生ものもお腹を下す可能性があるためできるだけ避ける必要があります。

詳しくは『妊娠中に摂りたい栄養素「葉酸」』にも書いてありますが、葉酸などのビタミンB群の摂取も非常に大事になってきます。

葉酸サプリというサプリメントも販売されているので昔に比べて葉酸も摂取しやすくなっています。

あなたにとっても、赤ちゃんにとっても健康的になるような食生活を送っていきましょう。